土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

【土壌分析をする方法】手段別のメリットを比較

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/03

農業の開始前に、必ず確認してほしいのが土の状態です。育てる作物によって生育しやすい土に違いがあるため、的確に調べないと生育不順となり失敗するリスクがあります。そこで、育てる作物によって生育しやすい土壌にするために、農家の間で利用する人が増えている土壌分析を利用すると、現状の土の状態を科学的に把握できるのです。

安全安心の生育環境のするために行うのが土壌分析

農家の間で利用されている土壌分析を行う理由は、これから育てる作物が安全な環境で育てられるかを調べるために行います。作物に成長してもらうためには、必要な栄養を与える必要があるのです。ただし、栄養が必要とわかっていても、現状の土壌の中にどのような成分が入っているのかはわかりません。状態がわからないままさまざまな肥料を与えてしまうと、栄養が偏ってしまい、作物によっては生育が難しくなるという悪循環に陥ってしまうでしょう。しかし、土壌の栄養成分を調べることによって、これから育てる作物に最適な栄養が含まれているかどうかを調べられます

さらに土壌分析で重要なのが、土の安全性です。作物は土壌に含まれている栄養成分を土壌におろした根から吸収しています。しかし、吸収するのは栄養だけでなく、土壌に含まれている化学成分も同時に吸収してしまうのです。化学成分の中には水銀や鉛などがあり、これらの成分というのは人体にとって毒性があるとされています。

これから作物を育てる場所が、このように人体にとって毒となる成分が入っていると、育てた作物にも入り込んでしまうことで、有害な作物になってしまうでしょう。そこで、土壌分析で解析することによって、土壌に毒になる成分が入っていれば中和する、もしくは無害な土の層まで掘り起こしたのちに新しい土で埋めて作物を育てることができます。

遠心分離機を使って成分を調べる科学分析

土壌分析の方法としては、化学分析と物理分析の2種類存在します。土壌分析における化学分析は、養分を調べて生育に最適な環境かどうかを調べるものです。化学分析にはさまざまな方法がありますが、その中でポピュラーなのが遠心分離機を使った検査でしょう。

まず分析をしてくれる企業と契約をして、これから利用しようとしている農場の土を送ります。専門機関では送った農場の土を水で溶かした後に、遠心分離機を使って養分を分離させるのです。土から養分を抜き取った溶液を、今度は分析キットに入れて解析機器で分析しています。解析機器の結果によって含まれている栄養成分の内訳と量がわかるので、成分を調べてこれから育てる作物に最適な栄養が足りない時には、肥料を加えることで理想の土にできるでしょう。

もちろんこの化学分析は栄養成分の内訳と量だけでなく、安全な作物を育てるうえで重要な毒性分の解析も行っています。これで土壌の汚染度を見ることができれば、無害な層まで掘り起こしたのちに新しい土で埋めて作物を育てることが可能です。このように、化学分析を取り入れることによって、これから育てようと予定している作物に最適な土かどうかを調べられるので、作物の収穫率を上げることに直結するでしょう。この化学分析は、初めて農作物を育てようと考えている人にメリットがあります。

生育の状態を左右する物理的分析

安全な作物を育てるためには、安全な土になっていること、そして適切な栄養成分が入っていることが条件です。しかし、土の質は大丈夫であっても、それだけで生育が成功するかどうかは別の問題だといえるでしょう。別の問題として挙げられるのが、土の物理的な要素です。物理的な要素とは、土の柔らかさや水分の保有量などが挙げられ、それを調べる方が物理分析だといわれています。

一般的な認識として、作物を育てるときにはふっくらとした柔らかい土が最適と認知されているのです。しかし作物には、もともと育てられていた土地に近い環境下だと育ちやすいようですが、別の環境下になってしまうと逆に育ちにくくなってしまいます。

たとえば踏み固められている土は酸素がないため論外で、かたい土の特徴として粘土質が挙げられるでしょう。粘土質の土で育つ野菜には、大豆やソラマメといった豆類からレンコンや里芋といったイモ類があります。逆に粘土質で育つ野菜に対して柔らかい土で育ててしまうと、根がしっかりと土に定着しにくく栄養を吸収しづらくなってしまうでしょう。

このように、作物によってかたい土壌と柔らかい土壌の向き不向きがあるので、土壌分析によって土の硬さや水分量、酸素量を調べることによって作物にとって育ちやすい環境にできるのです。この方法は、一度育てた後の畑で行う連作の成功率を上げるメリットがあります。

 

せっかく農作物を育てるのであれば、やはり最適な土の環境で安全な状態で収穫したいところです。そこで土壌分析の化学分析と物理分析の2つの方法で調べることで、土の状態を調べることができれば、目的の安全安心の作物を育てることに役立ちます。

土壌分析会社おすすめ5選!

イメージ
会社名土壌分析.comクリタ分析センタークレアテラネットワークJA全農ジャパンバイオファーム
おすすめポイント低コストでスピーディーに有害物質・埋蔵物分析を実施さまざまな機関と提携し多彩な分析業務に対応可能多種多様な土壌分析に対応している!支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心有機栽培に適した体積法による正確な分析が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索