土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

土地の売買の前にやっておきたい土壌分析や水質分析

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/27

健全な水環境や水循環などを守るため、水質汚濁防止法において公共用水域に排出する排出水について排水基準などが定められています。土壌汚染対策法によって有害物質などによる土壌や地下水汚染から人の健康を守らなければいけません。土地の売買を行うなら、このような調査を事前に行うことによって何かしらトラブルを回避することが可能です。

汚染の程度を把握できる土壌分析・水質検査

土地の売買を行う際、土壌分析な水質分析などを依頼する人が増えています。特定施設の廃止などにともなう土地や健康被害などが生じるリスクがあるような土地汚染の有無を確認するのに、地歴調査や概況調査、詳細調査などを行うケースが多いです。現地調査や試料採取などを行い、分析や解析、評価などの業務を依頼できます。

業者によっては資産除去債務関連や土地の現状調査、汚染の兆候などがあるような案件にも対応しているところがあります。分析の目的として安心して毎日を暮らせるような生活環境を保全するのに、いろいろな対応が必要です。土壌汚染の有無を家訓することによって、健康リスクや経済リスクなどを検証できます。

汚染がある場合は汚染の程度や範囲などを確認し、復元・保全することが可能です。そのためいろいろな調査が行われ、たとえば土壌汚染対策法などに基づく事業場跡地の土壌や地下水調査、土地の売買時における汚染物質確認調査を利用できます。土壌環境基準調査や工事に伴い産出された残土調査、油汚染対策ガイドラインにともなう土壌や地下水調査と分析などが対象です。

産業廃棄物分析などを行うことによって、適切な土壌なのか把握できます。いろいろな分析機器を使って測定でき、原子吸光分析装置やICP発光分光分析装置、イオンクロマトグラフや吸光光度計などを活用しながら測定することが可能です。

さまざまな水を調査できます

水質分析を依頼でき、さまざまな用途の水に関してサンプリングや分析などを行うことが可能です。結果をもとにして問題解決に繋げることができ、中には環境計量士など専門家によるサポートを受けることができます。いろいろな水を分析でき、たとえば排水の場合河川や湖沼、海域などの環境保全のため、排出水は国や県・市町村などにおいていろいろな基準が設けられています。

基準を守りながら充分処理された水を排出するのに、排水処理の各プロセスにおいて水質を把握することが大切です。原水や工程水、放流水や下水放流水などを調査でき、汚染されていないかどうか土地の売買において、事前に調査する人が多いです。環境基準は人の健康などを維持するため最低限としてではなく、積極的に維持されるのが望ましい目標と設定されています。

河川水や湖沼水、地下水などさまざまな種類の水質分析を依頼でき、冷却塔水や工業用水、プール水や浴槽水などの調査を依頼する人が多いです。工場の移転や土地取引など、いろいろな場面において土壌地下水の状況調査などを利用できます。指定調査機関や環境計量証明事業、特定計量証明認証取得機関などが存在していて、状況を把握して汚染原因を特定し、守秘によるリスク低減にも貢献してくれます。リーズナブルな価格で依頼でき、気軽に相談することが可能です。

土地の健康診断のように受けられます

なぜ分析が必要なのかという理由について、たとえば農用地の場合多肥栽培による弊害を抑えることができます。作物を栽培している土壌の栄養バランスなどの乱れが原因によって、作物の生育障害などによる収量や品質の低下に悩んでいる生産者が多いです。畑の土壌分析は人の健康診断のようなもので、定期的に畑の状態をチェックすることによって土壌の栄養状態を把握することが可能です。

土壌に合った土や施肥などを行うことで作物の生育につながり、結果的に肥料などコスト削減に繋げることができます。これまでは肥料をやればやるほどよいという考え方が一般的でしたが、近年肥料を増やしても収量が伸びない、病害虫が増えたなど土に原因があるのではという声があがっています。

土が不健康になると育つ作物は健全な生育を期待することはできず、健康診断である土壌分析は土壌の健康状態をチェックする第一歩になります。微量要素不足の土では品質や収量などが低下する傾向があり、多量要素や微量要素の適正なバランスを維持することが必要です。

コストを抑えるため無駄のない適正な施肥が必要で、リン酸や加里が残っているところに肥料や堆肥を入れると、作物が元気になりません。健全な土づくりを実現するため土壌分析を利用する人は多く、人の健康にも関係してくるので土地の売買においても活用するケースが増えています。定期的な診断を受けることによって問題点を把握しながら、健全な土に整えることが可能です。

 

土地の売買の前に土壌分析や水質分析など、いろいろな観点から調査する人が増えています。気軽に依頼でき、適切な状態にあるか確認することが可能です。人にとって大切な環境になるので、正確な状態の数値を得ることによって安心できます。

おすすめ関連記事