土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

土壌分析はどこに依頼する?依頼先の選び方

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/02/24


土壌調査や分析をする機会は、それほど多くないかもしれません。そのため、どこの土壌分析会社に頼んでも同じと思われがちですが、実際は大きな違いがあります。自分のケースで必要な調査内容や分析が何かをまずは把握し、評判がよくて実績のあるところに依頼するのがおすすめです。ここでは依頼先の選び方や、判断のポイントについて説明します。

作物を育てる場合は「有害物質」と「肥料」の分析が必要

土壌分析には複数種類があり、大きく分けて土壌汚染が疑われる時に行う「有害物質分析」と、作物を育てるのに適した肥料を知るための「肥料分析」です。まずはどちらの分析が必要かを判断し、それを得意とする業者選びをすることが大切でしょう。調査を行うきっかけは2種類あり、自主的に行うものと、義務があって行うものです。

「自主調査」では土地の所有者が自主的に調査を依頼し、一方「義務調査」は行政から土壌分析をすることを義務づけられています。割合を見ると、「自主」が全体の8割、「義務」が2割なので、ほとんどは自主的に調査が行われているといえるでしょう。所有している土地を作物の栽培に使用する人は、適した土壌であるかを知っておく必要があります。よい道具を揃えてどれだけ手をかけたとしても、作物を育てるのに不向きな土壌であれば失敗に終わるためです。

また、育てる作物によっても適切な土壌は違ってくるので、詳しい分析を行い、土壌を改良することが不可欠でしょう。このような場合は「肥料分析」をすることで、適切な肥料選びが可能になります。その前に土壌が安全であることが必須条件なので、「有害物質分析」も行うのです。

品質の向上や生産量のアップを叶えるなら「肥料分析」も有効な手段といえます。土壌分析会社の中でも「肥料分析」と「有害物質分析」の両方を手がけているところがあるので、評判がよく実績のある業者を選びましょう。すでに安全な土壌であることがわかっている場合は、「肥料分析」だけを行っているところで問題ありません。

土地の売買時は「有害物質」と「産業廃棄物」の分析が必要

土壌の「自主調査」が行われるきっかけの多くは、土地を売買する時です。土壌が汚染されていると必然的にその価値は下がり、評判も悪くなります。売る側にとってよいことはなく、買う側にとっても土壌の質は確認しておくべき項目です。このような理由で調査を依頼する人が多くなり、「有害物質分析」が行われています。

売買する土地が田畑に使用する目的の場合は、「肥料分析」も合わせて行うのが理想的です。買う側は土地の詳細を知らないため、調査・分析は信頼できて、実績のある専門業者に依頼しましょう。土壌分析会社といっても業務内容は同じではなく、それぞれに特徴や得意分野があります。自分のケースでは、どこの業者に依頼するのが適切かを判断することが大切です。

「有害物質分析」や「産業廃棄物分析」、「肥料分析」などの分析があり、まずはどの種類を調査してもらうかの判断が必要となります。あとは料金の比較や、サンプルの提出方法、おすすめポイントを参考にして依頼先を決めるとよいでしょう。低コストでおさえたい人もいれば、急いで結果を知りたい人もおり、多種多様な分析を望む人にも対応可能です。

他にも有機栽培に適した土壌の分析ができるところもあり、有機作物の栽培を始める人には有益な結果が得られます。「肥料分析」を行う他にも、施肥設計に役立つオリジナルツールの開発・販売をしているところもあり、生産者をツールの活用によって支援することが可能です。土壌分析会社にはさまざまなタイプがあるので、自分に合う企業やサービス内容を検討し、依頼先を選定しましょう。

地中からゴミが出たら「有害物質」と「産業廃棄物」分析が必要

使っていない土地を新たに開発しようと掘り返すと、地中からゴミがたくさん出てくることがあります。大きな石などは自然のものですが、人間によって廃棄されたゴミの場合は問題が生じるのです。開発の邪魔になるだけでなく、そのまま工事を進めてしまうと、後々トラブルが発生することも少なくありません。このような時も、土壌分析を適切に行うことでトラブルを回避し、開発も適切に行うことができるでしょう。

地中からゴミが出てきたら、信頼できる業者に「有害物質分析」を依頼するのがおすすめです。それだけでなく「産業廃棄物分析」も同時に行えるところが理想的でしょう。産業廃棄物による有害物質を分析するのが得意なところがあるので、依頼先とするのが賢明といえます。

最後に土壌分析の「義務調査」についてですが、義務が生じる場合は工場やガソリンスタンドなどの特定施設を壊す時です。土地の責任者が管轄行政に「特定施設の廃止届」を提出することで、土壌が汚染されている疑いがある場合は調査命令が通知されます。

他には、土地が一定以上の広さがあり、形質変更する場合です。このケースでは「土地の形質変更届」を提出し、同じく調査命令の通知が来れば土壌分析をしなければなりません。「義務調査」では、土壌汚染対策法に基づいて調査がすすめられます。一般人には法的なことの理解が難しいので、土壌分析会社にまかせるのがおすすめです。

 

土壌調査や分析を初めてする人にとっては、どのように専門業者を選べばよいのか迷うでしょう。土壌分析会社には特徴があり、得意分野もあるので、理解した上で依頼先を決めることが大切です。分析結果を活かすことで作物の収穫量が増えたり、後のトラブルを回避できたりするので、自分のケースに合う土壌分析会社を選ぶようにしましょう。

土壌分析会社おすすめ5選!

イメージ
会社名クリタ分析センタークレアテラネットワークJA全農ジャパンバイオファーム土壌分析.com
おすすめポイントさまざまな機関と提携し多彩な分析業務に対応可能多種多様な土壌分析に対応している!支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心有機栽培に適した体積法による正確な分析が可能低コストでスピーディーに有害物質・埋蔵物分析を実施
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索