土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

信頼性が高い土壌分析の条件とは

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/27

土壌は生物性や物理性、化学性などの要素を持っていて、それぞれが関係しています。物理性と化学性は施肥によりコントロールできるので、これらの要素を複合的に分析することが土壌分析において求められる条件です。環境と土の関係を把握し栽培を改善するため、物理性や化学性などを分析することによって診断や施肥設計などのベースになります。

さまざまな項目を調査することが可能

物理性分析の場合、土壌を構成している土や水・空気の割合である三相分布と、土の重さである比重を数値化し団粒化を把握することが可能です。化学性分析の場合、化学性は土壌の養分バランスなどを把握する分析で、項目としてpHやEC(電気伝導度)、有効態リン酸や交換性塩基バランスなどがあり、カリウムや苦土・石灰などが対象になります。

物理性の分析項目として、土壌比重や三相分布といった液相や気相・固相があり、効果について保水力を把握しながら適切な灌水の頻度を決めることが可能です。効率的で最適な水分補給を行えます。重さや空気量などから、堆肥といった投入量を決定できます。化学性の分析項目としてECやpH(KCL)、アンモニア態窒素や硝酸態窒素、置換性石灰や置換性カリなどが対象です。

置換性苦土や塩基飽和度、塩基置換容量や石灰飽和度、カリ飽和度や苦土飽和度なども求められます。有効態リン酸やリン酸吸収係数、腐植値などを調査することが可能です。

効果として作物や作型などに合わせた施肥量を予測できる、土壌養分を有効活用することによって過剰施肥を防止できます。土壌分析することによってコスト削減に繋げることができ、土の状態を改善できるので便利です。土壌養分のバランスなどを改善することによって、秀品率を向上させることができます。

具合的な対策に取り組むことができる

土壌分析しただけでは、すぐに具体的な対策を立てることは無理です。土壌分析の結果項目を検討し、土壌がどのような状態なのか専門家による診断を受けることをおすすめします。診断することによって健全な育成促進を行うことができ、減農薬や含有硝酸態窒素の低減などに取り組むことが可能です。

有害性の抑制を期待でき、定量的に土壌状態や品質などを把握できるので対策が立てやすくなり安定した栽培を行うことができるでしょう。土壌診断士などの専門家が存在していているので、土壌分析を受けた後セットで相談できます。生産者の作業内容をヒアリングし、現状の土壌を診断しながら最適な土壌作りや設計を行うことが可能です。

どのような栽培方法やどんな農法でも、土壌の状況がよく分からず施肥を行うと改善ができないばかりか新しい問題が発生するかもしれません。作物に合った土作りや肥料の与え方によって、健全な作物を栽培でき、農薬の削減や作業の効率化にもつながります。品質や美味しさ、収穫量などの向上を図ることができるようになるでしょう。

化学性と物理性からの現状を基に問題点を解説してくれたり、施肥設計において必要な肥料成分の過不足を具体的な数値でアドバイスしてくれたりします。使用している肥料を使って、適切な肥料設計を提案することが可能です。肥料や農薬などコストの無駄使いや、品質安定とロス削減にも貢献します。

作物の品質向上などの取り組むことが可能

土壌分析の結果を元にして、土壌改良で作物を強くすることが可能です。病害虫に強く農薬を必要としない、美味しさや品質をよくできます。土は作物を害があるものから守ってくたり、必要な養分を与えてくれます。土本来の機能を引き出すことによって、作物を守るというより強い作物に育てることができるでしょう。

そのため現状の土を把握することが必要で、土壌分析を活用する人は多いです。土壌改良は耕作に不適な土を改良し、圃場の生産力を増進させるため土地に資材を投入し理化学性や生物性などを改良することです。作物がきちんと育つように土の状態を改善することになります。

専門業者に依頼すると栽培上のいろいろな問題や課題を見つけながら、土作りの資材を選定したり施肥量や肥培管理などのタイミングを工夫することが可能です。土壌分析をいかした見える土作りを軸にして、まずは土づくりや土壌改良から見直すことができます。土壌を改良することによって作物の品質向上や収量の増加を期待でき、農家の経営状況を改善することが可能です。

専門業者に依頼すると土壌分析や土壌改良、作物育成アドバイスや省力化などをサポートしてくれるので便利です。農家が長く安定して経営できるようになり、IoT活用によって作物や地理条件、天候などさまざまなデータを蓄積しながら品質向上に役立てています。

 

栽培に手がいっぱいで土づくりまで手が回らなかったり、自己流でやってきたがうまくいかなかったりする場合には、土壌分析を利用すると便利です。数値によって土の状態を把握でき、適切な土壌改良に繋げることができます。土を改善することによって、品質のよい作物を手にすることが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索