土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

ネットだけで完結する?土壌分析の依頼の流れ

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/06

土地の価値を決めるものとして、安全であるかがひとつの要素となります。安全ではない土地としては有害な汚染物質が含まれているといったケースがあり、その場合には価値が下がり、何よりも安全に使っていくことができません。事前に行う土の調査を土壌分析といいますが、近年では手軽にネットを使って土壌分析を依頼できるようになっています。

土壌分析を行うことのメリットは

土壌分析の目的はその土壌に含まれる物質を調べることで、安心して利用できるようにするためのものです。一方で、土壌汚染対策法によっても問題があると考えられる土壌に対しては調査が義務付けられているケースもあります。法律で調査が求められるのは、もともと有害物質を取り扱っていた施設を廃止する、3,000立方メートル以上の土地の形質変更をする場合、土壌汚染によって人体に悪影響を与える恐れがある場合などです。

いずれにしても、土地を売却する際にも問題がある土地であれば、土地の価値は本来健康な状態よりも下がります。そもそも土に有害な物質が含まれていれば、安全に暮らすことができません。土壌分析をすることで安全に暮らすことができるようになり、その土地を売買する場合にもメリットがあります。

そのため、法律で定められた調査以外に自主的に土壌分析を行うことも珍しくなく、個人でも調査会社に土壌分析を依頼することが可能です。以前であれば調査を行ってくれる会社を探すことから始めなければなりませんでしたが、今はインターネットを使うことで簡単に見つけることができますし、調査員が実際に行う他にも依頼主が土を採取し、調査会社に送付するだけで調査できる通販型も選択できます。時間と費用を抑えて土壌を調べることが可能です。

有害物質以外にも調べる土壌分析

土壌分析は有害物質が含まれていないか調べるものと、作物を育てる際に土壌の性質を調べるものがあります。前者の場合には土地の安全性を確認するために行われ、後者は作物をより多く収穫するために行われます。現実の土壌分析では有害物質よりも作物を育てるときの調査が多くみられ、プロの農家から家庭菜園を考えている人まで幅広い人々に利用されています。もちろん、作物を育てるときにも有害物質が含まれていないことが重要なポイントとなるものです。

一方で土地売買を行うときには、その土地の価値を調べるために調査が行われます。この場合には、有害物質だけでなく埋蔵物がないか調べる目的も含まれます。いずれにしてもその土地に含まれる土壌の性質を把握するために行われるもので、調査会社によっては得意とする分野が異なっていることもあるのです。

表層だけを調べても地中深くに有害物質が含まれているという可能性もありますから、このあたりは目的によって、調査の程度を決定しなければなりません。本格的な調査をする場合には相応の費用もかかりますが、安全性が疑われるような土地を売買するには必須です。また、簡易的な土壌分析であれば、土壌サンプルを送付して調べてもらう方法が時間も費用も抑えることができるので便利です。ただ、土壌分析の依頼の流れは独特ですから、事前に流れを知っておくとスムーズです。

調査依頼の流れと土壌分析の方法は?

依頼の流れとしては、調査する内容に応じて調査会社を探すことからはじまります。有害物質の有無を調べたい場合、作物を育てるために土壌の性質を調べたい場合、それぞれの目的に対応した会社であることが重要です。実際の調査は分析機を使って行われますから、ほとんどの業者で同じような内容で調査を受けることが可能ですが、有害物質などの場合には調査対象となる物質によっては対応していないこともあるので、高度な調査を依頼する場合には事前に調べておくことが大事です。

依頼の流れは、現地に調査員がやってきて土を採取するほか、通販型の場合には依頼者がサンプルを採取して送付して行う方法があります。調査員が来てくれる場合には指定した土地を調べてくれますから、すべて任せることができますが、自ら採取する場合にはいくつかの作業をしなければなりません。サンプルとしては500g程度の土が必要で、そのまま送付するパターンと調査会社から送られてくる容器に入れて返送する方法があります。

また調査内容によっては採取方法が細かく指示されることもありますから、その内容を理解した上で行うことが大事です。調査会社に到着後2、3週間ほど調査に時間がかかりますが、結果が確定するとインターネットで閲覧できるものと郵送で調査結果を送ってくれるものがあります。土壌分析を行ってくれる会社が近くにない場合でも、インターネットを利用すれば簡易的な調査ができますから、まずは気になる会社の公式サイトをチェックしてみるとよいでしょう。

 

土壌分析は、調査会社に依頼すれば誰でも行うことが可能です。土地に含まれる有害物質の有無から、作物を育てるための土壌の性質を調べるまでさまざまで、インターネットを使ってサンプルを依頼者が採取して送付することでも行うことができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索