土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

ヒアリングがある土壌分析サービスの魅力

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/06

土壌分析に興味があるけれど、知識がないため不安を抱いている、土壌分析というサービス自体について詳しく知りたい、という方は少ないでしょう。ここでは、土壌分析サービスの魅力や、ヒアリングの活かし方、そして土壌分析を利用する際に注意すべき点などを紹介していきます。土壌分析について興味のある方はぜひ参考にしてください。

土壌分析サービスの魅力とは

土壌分析サービスとは、土地の利用履歴から必要となる適切な調査を実施し、確認された汚染状況などに含まれている不動産リスクやその解決策である対策工事の提案などを行うサービスです。このサービスは、工場閉鎖後の土地活用を見据えた浄化作業や不動産建築などのために利用されています。その他では、工場などの場合は地下水浄化工事なども行い、その前段階として土壌分析から行って土壌の状態を把握し、次に地下水を調べるというように段階的に調査を行っていきます。

一般的な土地調査では、古地図など資料から土地の利用履歴の確認をし、対象の土地における土壌汚染が存在する可能性を評価します。日数は約1週間から3週間で、費用は約10万円から20万円が相場となっています。具体的に調査する内容は、住宅地図などでの土地利用履歴の確認、水質汚濁防止法など関連法令の届出情報の確認、土壌汚染対策法の確認などです。基本的にこれらの調査を経て土壌汚染の可能性があるかチェックしていきます。

加えて、ユーザーのニーズにあわせて、提供資料によるさらなる土壌環境の確認、登記簿謄本などの調査、現地調査及び関係者へヒアリングを実施することも可能です。ここで出てきたヒアリングという言葉が大切で、土地の関係者へ当時の状況やどのように使用されていたかをヒアリングすることでより詳細な調査を行うことができます

ヒアリングを土壌分析にどう活かすのか

土壌分析におけるヒアリングについて詳しく見ていきましょう。最初の調査の段階では、土壌の採取は行わず定性的に判断します。これは特に数値を出さずに性質的、また客観的評価により土地の状態を調査していくことです。

具体的にいうと、古い地図や空中写真、ヒアリングなどをもとに、対象の土地における土地利用の履歴を確認していきます。そして、土壌汚染が存在する可能性について定性的に評価していきます。ヒアリングは、過去のその土地を知る人や資料を探し出し、過去の利用状況を確認していく作業です。工場の関係者や過去を知る人に当時の状況や利用状態などをヒアリングすることで、より的確に土壌汚染が存在する可能性を突き止めることができます。ヒアリングは、その後の土壌や地下水の浄化作業でも大切になってくるので、どんなことでも聞くことが大切です。

ヒアリングにはとくに時間や労力がかかりますが、これをせず曖昧にしてしまうと以降でより多くの調査が必要になってしまう場合もあるので、注意が必要です。また、工場跡地の場合だと工期が1年くらいかかる場合もあり、最初の調査がとても大切になってきます。ですから、ヒアリングをしっかりと行う土壌分析の会社を探すことが大切です。反対に、ヒアリングをしっかり行わない会社だとあとでトラブルの元になりやすいので、事前に企業情報や口コミをホームページなどで調べてみましょう。

土壌分析を利用する際に注意すべき点とは

最初の地歴調査で、土壌汚染が存在する可能性が否定できないと評価された場合には、土壌調査を行い土壌汚染の有無を確認する作業をします。詳細調査は、調査で基準を超過した物質が確認された場合に行います。その際は、ボーリング調査を実施することにより、深さ方向の汚染範囲を把握できます。ボーリングとは、よく道路工事で使用されている道路に穴をあける装置のことです。

また、地下水の調査などでも使用されます。調査が終わると、基準超過項目、汚染土量の量と今後の土地利用方法を踏まえた最適な対策工事を提案してくれます。このように、土壌分析を行うには、最初に調査をしてから分析作業にはいります。ですから、最初の調査をしっかりと行ってくれる会社かどうかを見極めるのがポイントです。調査を簡単に行うような会社ではその信頼性にも疑問が残るからです。

また、調査にはコストキャップ保証という制度もあります。この制度は、工事や調査が長期化して、土地を活用できないなどの問題が発生した場合に有効です。具体的には、所有不動産の売却益を工事前に確定させる・土地の購入時における対策費用確定させる・対策費用の削減と確実性の両立を実現させる、などがあります。

これによって、未調査保証(地歴調査結果のみで調査・対策費用を保証)や部分調査保証などの使用が可能です。これも土壌の専門家だからこその保証となっており、ぜひ覚えておいてもらいたい保証です。

 

さて、ここまでヒアリングの調査がある土壌分析サービスについて紹介してきました。やはり信頼できる調査会社を探すことが必要不可欠となってきます。今はインターネットで詳細に調べることができるので、事前に情報を集めて最適な業者をみつけることが、土壌分析成功のポイントです。

土壌分析会社おすすめ5選!

イメージ
会社名土壌分析.comクリタ分析センタークレアテラネットワークJA全農ジャパンバイオファーム
おすすめポイント低コストでスピーディーに有害物質・埋蔵物分析を実施さまざまな機関と提携し多彩な分析業務に対応可能多種多様な土壌分析に対応している!支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心有機栽培に適した体積法による正確な分析が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索