土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

農用地を土壌分析するメリットと注意点

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/10/06

農業を行う場合には、農用地の土壌の性質に合わせて作物の種類を選ぶ必要があります。栽培を開始した後も、作物の成長が遅いとか病虫害の発生といったトラブルが発生するケースも少なくありません。各種トラブルの原因を突き止めて適切に対処するために、土壌分析を依頼する方法があります。農用地の土壌分析を依頼する場合は、メリットと注意点をきちんと押さえておくようにしましょう。

農用地の土壌分析を行うメリットとは

耕作地の土壌分析を依頼するメリットには、適切な肥料設計ができる・病虫害の原因を突き止める・汚染の有無を確認などが挙げられます。肥料設計を行う場合は、土壌に含まれる有機物やミネラル分の種類・量を考慮する必要があるため、土壌分析を実施することで土中に含まれる成分を把握でき、最適な肥料設計ができます。

また、土壌の状況に合わせて適切に肥料を与えることで、収穫量の増加や作物の品質の向上が期待されます。栽培を開始した後に病虫害や成長不良といったトラブルが発生した場合にも、分析結果に基づいて適切に対処できます。作付け後に何らかの問題が発生した際も、速やかに土壌の状況を検査して収穫前に対処を行うことで、被害を最小限に抑えることができるというメリットがあります。農作物は食物として人の体に入るので、安全性が求められます。

汚染された農用地で栽培をした作物には有害物質が含まれている恐れがあり、信用低下につながる恐れがあります。とくに学校給食用の食材やブランド品だと安全基準が非常に厳しいため、納入した作物から汚染物質が検出されると取引が停止されてしまうといったケースも考えられます。土壌中の汚染物質の有無を調査することで安全性を証明できますし、高品質な作物を生産できるというメリットがあります。

分析を依頼する際に注意すべき点とは

農用地で土壌分析を依頼する際は、いくつかの点で注意を払う必要があります。分析を行う内容(項目)は非常に種類が多いので、目的に応じて選ぶようにしましょう。分析を行う目的として、肥料設計・病虫害や生育不要の対応・土壌汚染の有無、などがあります。目的に応じて調査を行う項目が異なるので、必要とする情報がきちんと得られるように依頼を行うことが大切です。

土壌分析サービスを提供する会社はたくさんあり、保有している機材や分析を行う方法は会社ごとに違います。簡易的な検査でも構わないというケースもありますし、高精度できちんと調べてもらいたいこともあるでしょう。土壌分析を依頼する場合は費用や調査項目だけでなく、使用されている機器や分析手法についても事前にきちんと調べておくようにしましょう。

病虫害や生育不良などに対応する目的で農用地の土壌分析を依頼する場合には、調査内容に加えて納期にも注意を払うようにしましょう。トラブルで生じる影響を最小限にとどめるためには、早めに対処を行うことが必要だからです。

分析結果が出るまで長い期間を要してしまうと、手遅れになってしまう恐れがあります。分析を行う内容や会社ごとに納期が異なるので、依頼する前に相談をすることが大切です。納期を短くしたい場合には、不必要な項目を外して必要最低限の内容で分析の依頼をするという方法もあります。

コストを抑えるために注意を払うべき点とは

農用地の土壌分析を依頼する場合は、コストを抑えることも大切です。高額な分析費用を負担すると必要経費がかさんでしまい、収入が減少してしまう恐れがあるからです。農用地の土壌分析を依頼する際には、常に費用対効果を考えておくことが大切です。土壌分析を依頼すると高額な費用がかかるので、本当に必要な情報を過不足なく得られるようにすることで分析費用を抑えるようにしましょう。

コストを抑えるためにできる別の方法は、依頼をする前に複数の分析会社で費用や調査・サービス内容などを比較・検討をすることです。複数の分析会社から見積書を提出してもらえば、適切な料金の水準やサービス内容を見分けることができるからです。同じような分析内容でも、高額な料金を設定している会社も少なくありません。いくつかの会社で費用を見比べることで、適切な料金で依頼をできます。

毎年同じ会社に土壌分析の依頼をする場合は、不要な検査やサービスをカットして料金を安くしてもらえるように相談をすることもできるでしょう。土壌分析を依頼する際の料金を抑えることに加えて、分析のために負担した費用については税金の控除を申告することも大切です。分析会社に支払いをした証明書類(領収書)などを年度末まで大切に保管しておき、年ごとに税金を申告する際に必要経費として計上するようにしましょう。

 

農用地の土壌分析を依頼することで、適切な肥料設計ができるようになり、病虫害のトラブルに対処できるというメリットがあります。分析を依頼する際は複数の会社で相見積もりをすることや、調査項目や納期をチェックすることも忘れないようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索