土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

土壌分析の報告書に書かれている情報とは

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/06

土地は昔から人から人へ引き継がれています。近年になり化技術が進み、環境や人体に害を及ぼすほどの有害物質が土壌に含まれている状態、土壌汚染が多方面で起きています。その土地が以前どのように使用され、有害物質を土地に廃棄していないかを調べるのが土壌分析です。有害物質の有無を調査し、安心に暮らせるような環境作りのために土壌分析の調査が必要なのです。

土壌汚染調査・土壌分析はどのような種類・効果があるか

土壌調査を依頼する場合は目的にあった調査会社に依頼することが重要です。土壌分析にはいろいろな方法があり、不動産売買を計画している方が利用する調査は、有害物質や産業廃棄物の分析調査を実施している会社に依頼すれば比較的低コストで済みます。産業廃棄物や建設発生土から有害物質分析を行う多彩な分析業務もあります。

産業廃棄物・建設発生土の分析では汚泥や金属・プラスティックのゴミ、残土などから分析して、有害物質の基準を満たしているかチェックを行います。客土・現況の分析は土壌の品質を改良するための検査で、植物に必要な複数の検査をして土壌の品質を管理します。有害物質分析は重金属類・ダイオキシン類などが侵入していないか土壌汚染、有害物質、残土処理などの分析があります。

また、土壌分析には簡易的な方法として土壌分析キットがあります。検査をすることでpHなどの状態がわかり、適切な肥料を施して作物が成長しやすい土地の状態を作ることができます。農家の土壌管理には生産物の生育や出荷状態までの成長をコントロールできる土壌管理が必要なのです。

土壌分析の種類によって得た結果により土壌改良、施肥計画などが行われ、地域計画安全な土地管理がなされれば、農業も生産が増し、住宅地となる場所でも安心して居住できます。地域や産業の発展のためには土壌の管理を行い安心して生活できる環境づくりが大切なのです。

土壌分析の報告書には2種類ある

個人の判断で行われることも多い土壌分析ですが、逆に必ず行わなければならない場合もあります。有害物質を取り扱っていた施設を廃止する場合や、一定以上の土地の形質変更をするとき、土地が汚染されて人体への影響が懸念される土地には、法規により土地調査が必要です。

また、土地を掘削中などに埋蔵物などがあった場合、それがゴミなどの場合は後日トラブルの元になるので自主調査が必要です。また、土地売買を目的とした時には自主調査による報告書があれば土地価格を下げることなく、風評被害も受けなくて済みます。

自主調査に対して業務調査がありますが、これは行政からの指示で行う調査のことです。特定の施設を撤去した場合や、一定以上の広さの土地が形質変更した場合などです。それぞれ特定施設の廃止届と土地の形質変更届が必要で、管轄行政に提出してから調査命令の通知が届きます。

この調査は土壌汚染対策法に基づいて進めます。調査の依頼は調査会社に申し込み、サンプルなどを採取して分析を行います。土壌測定には時間がかかり、判定には2~3週間ほど必要です。検査の結果は報告書や証明書の形でまとめられます。

土壌汚染が起こる原因を調べて対策案を考える

土壌汚染とは環境や人体に悪影響を与える金属・農薬・油などが土中に埋まっている状態をいいます。汚染が起こる要因として有害物質を取り扱っている工場や廃棄水の垂れ流し不法に廃棄物の放棄などで、土壌が汚染されることです。シアンや水銀が流れ出すと人体に大きな影響があります。防腐剤や殺虫剤を扱う工場も危険な溶剤を扱っているので要注意です。

汚染された土壌の改善や浄化をするための対策として、汚染された土壌を掘り起こして新しい土壌を埋め戻すという掘削除去があります。危険な土壌は処理施設にて処分されるこの方法は工期が短くて済むというのが利点です。汚染された土壌に薬剤を注入し、固形に固めて処理するので、これも低コストです。

無害で安全と考えられる方法は、微生物の働きを応用して分解させるバイオレメディエーションという科学的技術です。汚染土壌を別の場所へ移動しバイオ製剤、栄養剤などを加え微生物の働きを促し、効果を待つ方法です。汚染された地下水をくみ上げてから有害物質を浄化する方法として揚水工法があり、地下水汚染の拡大を防ぐことに有効です。この揚水工法は、水の中に溶け込んだ有害物質を浄化して汚染物質を直接除去する方法です。土壌分級という方法では細かい粒子の土ほど汚染されているので、汚染土壌を粒子の大きさで分別し、汚染度の高い土壌を処理します。

 

土壌分析を行う目的は土地を入手してその土地に建造物を建てたり、農業として畑を作ったりとさまざまですが、土壌分析をすることでその土地の安全性を知ることができ、汚染を心配することなく使用できます。転売する時でも土壌分析の報告書があれば付加価値がつき有利な売買が行えます。

おすすめ関連記事

サイト内検索