土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

知っておきたい土壌分析の料金相場

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/27

人々が営みをするには住宅を含めた建物が必要になりますが、住宅を含めた建物を建築するとき必ずやっておかなければならないことがあります。それはこれから建てようとしている土地が、安心して過ごせるかどうかを確認することです。その土地の安全を確保するための確認をするうえで、真っ先に行う確認手段の一つが土壌分析になります。

汚染されていないか確認するための土壌分析

土壌分析とは、これから利用しようとしている土地が安全に使えるか確認するために土を採取して分析をすることです。なぜ土壌分析が重要なのかというと、土にはさまざまな物質を吸着する性質があるのが理由になります。土は溶岩から噴き出た鉱石が長い期間雨風にさらされることで削られていき、最終的に粉末状になった物です。

元々は鉱石なので植物が育つのに必要な栄養成分がたくさん含まれていますが、自然環境の中には人体にとって毒となる成分というのも存在しています。その毒が水に溶けやすい性質を持つもしくはガスのように揮発性がある性質を持っていると、そこに建物を作ってしまえば土の中に含まれている毒成分が人体に悪影響を与えてしまうのです。

最も厄介なのは、土の中に含まれている毒成分というのは目で見て判別できるものではないという点になります。毒の多くは即効性があるものよりも、長い期間体に蓄積していくことでやっと症状があらわれるものが大半です。土が何らかの毒成分に汚染されているのに建築物や畑を作ってしまった結果、その遅効性の毒によって健康被害につながる可能性があります。

わかりやすい例として東京の食の取引場だった築地市場は、老朽化に伴いガス工場があった跡地に移転しました。しかし跡地を土壌分析した結果、その土壌の中には大量の毒性の強い化学物質に汚染されていたことが分かり対策を練る必要が生まれたのです。このように土壌分析をすることで、未然に安全にかかわる事案を避けることができるのです。

土壌分析にはさまざまな項目がある

土壌分析を依頼する前に、改めてどんな検査をするのかを理解しておくと依頼しやすいです。土壌分析は、まず業者と提携後に土を採取してサンプルを相手に郵送します。採取したサンプルは一度水に溶かした後に、遠心分離器にかけて土の中の成分を水に溶け込ませるのです。水に溶けた成分はそのままで場分析できないので、特殊な検査機器に通して分析を開始します。

分析が終わったら、今度はそれを検査項目別に分けます。検査項目には、主に科学性と物理性そして生物性の3つの項目があるのです。科学性とは、土に含まれている栄養成分の量やバランスと酸性とアルカリ性のどちらに属しているのかそして栄養を蓄える力を判別します。

物理性は、雨や雪が降った時にどれだけ保水できるのか調べるだけでなく乾燥度合いにとって大事な通気性を調べるのです。そして生物性の場合は、採取した土地の土壌生物の量や種類そして生態系を調べます。これらの分析の結果を数値化して表にまとめたのちに、わかりやすい説明文と一緒に依頼人に渡します。

この項目はどれも重要な情報ではあるのですが、とくに重点的に調べられるのが科学性の部分です。この科学性は土の栄養を調べるだけでなく、どんな物質が含まれているのか調べられます。その物質の中に有毒物質が含まれていることが分かれば、それを数値化して危険度を教えてくれるのです。

土壌分析を行うメリットと料金相場

科学性と物理性そして生物性を項目に調べる土壌分析ですが、これを行うメリットは安全性だけでなく、農業をする人間にとって欠かせない「よい土」を作ることにもあります。農業を営む人間が成功するためには、安全でおいしい作物を作ることでリピーターを作る必要があります。

作物作りは奥が深い作業であり、その理由として野菜と一括りにするのは簡単ですが、それぞれの野菜には適した栄養の土壌というものが存在するのです。たとえばショウガやニンニクといった野菜は土の成分がアルカリでは育たずに酸性にすることが重要であり、逆にほうれん草といった葉物野菜は酸性では育たずにアルカリにする必要があります。

さらに作物を育てるには必要になるミネラル分にも違いがあり、該当する栄養分が少ないとおいしくなくなり逆に多すぎると栄養過多となって枯れるリスクがあるのです。そこで土壌分析を行うことで土の中の成分を調べることができれば、栄養が足りていない場合には補給し過度に栄養が偏っている場合には別の土を入れて作り直すことが可能です。

そして建築物を建てるときに危険度がある場合には、土壌の浸透度にもよりますが危険な土を掘り起こした排除した後にクリーン処理をした土を入れ替えるだけで利用することが可能になります。安全性を考えると実施すべきといえる土壌分析ですが、その料金相場ですが平均で20万円が必要になるので覚えておくとよいです。

 

建築業界や農業を営む人間にとって、顧客が安全安心のニーズに応えるのは信頼を勝ち取るうえで重要度が高いです。その安全安心にとって土の状態は大事な要素なので、物事を始める前には必ず分析を行って安全性を確認することが重要になります。

おすすめ関連記事