土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

電話から土壌分析サービスの依頼をするメリット

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/06

土地に有害物質が含まれていないか、あるいは「農地として使用するのに土の状態はどうか」を分析するのが土壌分析会社です。多くの場合、メールや問い合わせフォームが用意されていますが、中には電話一本で問い合わせを行えるところもありません、

土壌診断をするメリットとは

土地の有効活用には大別して2種類があります。一つは土地を宅地や工場用地にすることです。そこに人が住んだり、あるいはそこで製品を製造したりします。

そしてもうひとつが、作物を収穫するために農地として利用することです。農地として使用する目的で土壌分析会社を利用するなら、作付け前に土壌分析をしてもらうのが理想的です。

作付け前と申し上げましたが、収穫後でもまったく構いません。農地は生き物ですから、土壌の成分が時間の経過とともに変化していきます。その状況をつぶさに数字で掴むことができれば、安心して農業を展開できるでしょう。せっかく種をまいても作物が充分に実らないとすればどうでしょうか。

農家は肥料などでたくさんのお金を使っていますので、大きなショックを受けるかもしれません。土壌分析のメリットは、農地の土の性格を作付け前に判断できるということです。そのため、農家で土壌分析を行うときの時期は基本的に作付け前か収穫後ということになります。

この調査によって土壌の性格を見抜くことができます。土壌の性格とは、土壌が有する独特の性格のことをいいます。たとえば肥えた土壌だとか痩せた土壌であるとかいう表現ができます。そして大切なのが、その土壌の水はけがよいか、悪いかでしょう。土壌の性格を見抜くことが、作物の収穫を増やすためのテクニックです。

電話で土壌分析を依頼するメリット

土壌分析サービスの多くが、電話とメールでの問い合わせに対応しています。メールでの問い合わせは手軽に行える反面、分析の開始までに時間がかかり過ぎてしまうデメリットもあります。その点、電話での問い合わせは迅速に対応してくれることが多く、土地の売却を検討していて早く土壌分析を終わらせたい場合や、作物の植え付けを早めに始めたい場合に適しています。

土壌分析は数値で明確に表現されるのが理想的

自分の保有する農地の土壌分析をすることのメリットは大きいといえます。土壌調査会社に依頼した場合に得られる一番大きなメリットは、土の状態を数値で理論的に理解できるということです。毎年同じ作物を作っていても、同じような肥料のやり方では土の栄養素が偏ってしまいます。それらの栄養素の状態を数値で表してくれるのが土壌調査会社の特徴です。

たとえば「この土にはカリウムが多く含まれている」「この土にはリン酸が不足している」「窒素が過剰に含まれている」などです。土壌に含まれる化学成分が数値で理解できるため、農家もその後の対応がしやすいということになります。自分が保有している農地の土壌に窒素が過剰に含まれているのであれば、今年は窒素肥料を減らすという対策が取れます。そういった、ちょっとした努力の積み重ねが秋に大きな収穫をもたらすのです。

今の農業は昔のように体力勝負ではなく、頭を使う考える農業となっています。これからの農業を支えるのは日本の若い人達ですが、頭をしっかり使って充分な収穫を得てもらいたいものです。

農家が土壌調査をする一番大きなメリットは、天候に恵まれて豊作の場合でも、天候に恵まれず凶作の場合でも、土壌調査をすることによってその後の対策をとることができるということです。不足する土壌成分を補い、過剰な土壌成分は施肥を差し控えれば、ただ作物を育てるよりも豊かな収穫を得られるでしょう。

土壌調査は農家のコストダウンや収穫アップにつながります

農業が土壌調査を定期的に行うことのメリットはとても大きいといえます。結論から先に申し上げますと、農家が土壌の調査会社に土壌の調査を依頼することによって、コストダウンや収益アップにつながります。農業は、一見、毎年同じような作業を繰り返して、収穫を得ているような感じもしますが、実はそうではありません。最近の農業はとても進化しています。昔のように、ただ働けばよいというものでありません。頭をしっかり使わないとお金を儲けることはできません。

その面で、農家が土壌の調査会社に土壌分析を依頼することのメリットの大きさは計り知れません。土壌に含まれる過剰な成分が抑制されますので、その成分が外部に流出する恐れもなくなります。つまり環境汚染の防止にも役立つということです。

さらに農地の土の栄養素のバランスを常によい状態に保つことができるため、病害虫にとても強い土壌ということになります。偏った栄養素の土壌は病害虫がとても好みます。ここはやはり農家も考えを変えるべきではないでしょうか。伝統的なやり方に加えて、数字で判断できるような経営方針を打ち出しましょう。

そのために大切なのが、土壌分析をしてくれる会社を定期的に使うということです。そうすることによって農家の安定した収入は保証されます。これからの農業は、体を酷使する農業ではなくて、頭を使って利益を上げられる農業に変わってもらいたいものです。

 

コロナで大変な状況の日本ですが、これからの日本経済を支えてくれるのが農業です。若い人たちにどんどん農業に参入してもらい、大いに日本経済を盛り立ててもらいたいものです。体を酷使する農業から、頭を使う農業に変身することが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索