土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

専門知識がなくても土壌分析の依頼は可能?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/27

新たな農地を耕作したり建物を建てたりする際、土地の性質や有害物質の有無を調べる必要があります。土壌に含まれる有害物質を調査は、土壌のpH・含まれている金属・有機物・有害物質の有無や濃度などの情報を得られます。しかし専門知識がなくても依頼は業者に依頼することは可能なのでしょうか。

土壌分析を依頼して得られる情報とは

土壌分析を行う会社はたくさんありますが、分析を行う目的や項目ごとに得られるデータの種類が異なります。土壌の成分を調査する目的は、栽培する植物や肥料設計を行う・建物を建設する前に汚染の有無を調べる、の2種類があります。

農地として使用する予定の土地であれば、酸性度(pH)・リン酸吸収係数・腐植含量・アンモニア態窒素・苦土飽和度・切開飽和度・塩基飽和度といったように、植物の生育環境に関係する項目を中心に調査が行われます。これら以外にも、水溶性ホウ素・交換性マンガン・可給態鉄・可給態銅などの微量要素分析が実施されることもあるようです。

工場などの跡地に別の建物を建てる場合には、法律で汚染物質の有無をチェックすることが義務付けられています。もしも基準値以上の汚染物質が検出された場合は、着工前に浄化などの処置を行う必要があります。汚染の有無を調査する場合は、法律で定められている「特定有害物質」の有無や、1kgの土壌に含まれる量(数値)を結果として受け取ることになります。

調査結果は数値データの形で受け取ることができ、耕作する作物の選定や建築工事の着工の可否を判断することになります。分析を実施する目的ごとに調査データの使い道が異なりますが、数値データを見るだけで状況を把握するためにはある程度の専門知識が必要です。高額な費用をかけて土壌分析を依頼したとしても、データを有効に活用できなければ無駄になってしまうでしょう。

内容・目的ごとに分析結果の解釈をするための知識とは

土壌分析を実施する目的は、耕作時の肥料設計または汚染の有無の調査の2つです。目的ごとに、分析結果を解釈するために必要な専門知識が異なります。耕作用の土地を調査してもらった場合には、分析結果に基づいて肥料を選定し、栽培をする作物を選定する必要があります。そのためには、農学や生物学に関係する専門知識が求められるでしょう。

高校の農学科や、大学の農学部・生物系の理工学部などを卒業した方であれば、分析結果の数値データを用いて耕作に生かすことができるでしょう。建設用地の汚染の有無の調査を依頼した場合には、データを解釈するためには建築系や化学・生物・環境工学・医学系の専門知識が必要とされます。

中学校や高校の授業で学習するレベルの化学や生物の知識だけでは、土壌分析の結果を解釈することは難しいでしょう。土壌・水質・大気の分析を行う会社はたくさんありますが、これらの分析を依頼する顧客のほとんどは民間企業や研究機関などで、いずれも専門的な知識を持っています。

個人で耕作用の土地の土壌分析を依頼するケースもありますが、農学に関する専門知識を持つ人です。このため、分析会社では相手が化学や生物学に関して専門的な知識を持っているという前提でサービスを提供しています。高等教育レベルの化学や生物学の知識がない方であれば、土壌分析を依頼したとしてもデータを正しく解釈できない場合があるので注意が必要です。

専門知識がない人が土壌分析を依頼することは可能か

一般的に土壌分析を行う会社では、依頼者は化学・生物学・農学などの分野で専門知識を持っているという前提でデータの提供が行われます。ただし、一部の分析会社は専門知識を持たない顧客向けのサービスを提供しています。耕作用の土地の土壌分析を実施する会社の中には、分析結果をもとに土地の性質や肥料設計の方法を分かりやすく解説してくれるサービスが行われています。

農学や生物学の知識がない人でも肥料設計の方法や耕作に適した作物の選定方法などをアドバイスしてもらえるので、専門知識を持っていない人でも安心し依頼できるでしょう。既に作物の耕作をしていて何らかの問題に直面した場合も、土壌分析を専門とする会社に相談をして依頼する方法もあります。

分析結果をもとに問題の原因を調査して、適切な対処方法をアドバイスしてもらうことができるでしょう。農学や化学についての専門知識を持たない場合は、分析結果を解説してくれるような分析会社に土壌分析を選んで依頼をするようにしましょう。

コンサルタントサービスの分だけ余分の費用が発生しますが、サポートが充実しているため、知識がなくても問題を解決できるというメリットがあるからです。最初はコンサルタント付きの分析会社に依頼をしてある程度の知識を得ることができたら、専門家向けの分析サービスに依頼をするという方法もあるでしょう。

 

土壌分析を依頼する場合は、分析を行う目的や得られるデータの種類に応じて専門的な知識が必要になります。それでも一部の分析会社では専門的な知識を持たない顧客向けに分かりやすく解説をしてくれるサービスを提供しているので、土壌分析を依頼した経験がない方でも安心して依頼をできます。

おすすめ関連記事

サイト内検索