土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

土壌分析結果の項目を解説

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/02/03

土地の使用前に目的に合わせて調査を行い、土壌分析を行う場合があります。その土地を調べることで安全性が高いかどうか、また畑を作る場合であればどのようなものを育てるのに適しているのか、今後も豊作になるのかどうかなどは、土壌分析を行うことで確認できます。何の目的で使う時に、どのような項目の分析を行うのかを説明します。

土壌分析はどのような時に行うのか

土地の調査はその土地を使用するものが自主的に土壌分析を行い、使用できるかどうかは個人で判断しますが、必ず行うように指示を受けて実施することもあるようです。その土地で有害物質を使用した施設が過去にあったり、また掘削での形状変更を含む行為を3,000平方メートル以上の範囲の土地で行ったりした時でしょう。

人体に悪影響を及ぼす物質で土地がすでに汚染されていることが判明していれば、法律で土壌について調査することが決まっているので、行政から命令が出されます。とくに工場の跡地やクリーニング店、ガソリンスタンドなど、特定有害物質を使用していた業種が利用していた土地は、安全性の確認が目的で実施されることが多いようです。

土壌が汚染されていることが考えられれば、有害物質分析が必要になります。農業で土地を広範囲で耕して畑を作りたい場合、どのような作物が育ちやすいか、また育てる作物が決定していれば、どのような肥料を使うべきかを決定したい時に土壌分析と肥料分析を行うのです。

土壌分析は化学性や物理性、生物性の3つの観点から分析して結果を数値化しますが、自主的に土壌分析を行う場合が8割、行政からの命令で調査をする件数が2割程度の件数を占めます。どちらの調査でも土壌分析の結果から安全性が高いこと、また汚染されていたことが判明した場合にはどのくらいの時間で、どのようにしたら安全な状態に戻るのかを、人が健康で安全に生活するために確認しなければなりません。

有害物質の種類と分析項目について

環境省の土壌汚染対策法に、人体に害を与える物質として指定された物質があります。工場などの有害物質を扱っていた施設跡の調査、建築後に出る残土処理および移動、不動産で売買する場合は、有害物質の土壌への溶出有無やどのくらいの量が含まれているのかを土壌分析を行い、調査することが求められるのです。

有害物資は26種類あり、大きく3つに分けられます第一種特定有害物には、クロロエチレンや四塩化炭素などの12種類の物質が該当します。揮発性が高い有機物で水に溶けにくいものや分解しにくいものが多く、発がん性のある物質もあるようです。また第二種特定有害物質にはカドミウムや鉛、ヒ素などの重金属やシアン化合物など9種類あり、人体に蓄積されるとさまざまな症状が起こる原因となります。第三種特定有害物質はシマジンや有機リン合物などの農薬物で5種類あり、毒性が強く、大変危険な物質です。ダイオキシン類も有害物質ですが、ダイオキシン特別対策措置法で別に対策法が決められているので、除外されています。

各物質について分析項目が決められており、必要な項目について分析をするため、調査する土地から土壌を採取して高精度風乾、計量、振動や濾過、蒸留などの前処理を行っているのです。また、原子吸光やガスクロマトグラフィー、液体クロマトグラフィー、吸光度計で成分や含有量を分析することで、高精度な管理が可能です。

土壌分析と肥料分析の項目について

農業で作物を育てていく場合、土壌にどのような成分が含まれていて、作物にどのような影響を与えるかを調べ、作物が育ちやすい環境になるように土地の改良を行います。作物の生産率や出荷率をあげるためには、肥料分析を行うことで植物の成長に必要な成分があるか、または成長を邪魔する因子はないかを分析して土壌の性質を把握することは必要不可欠でしょう。

土壌の中にある成分が少なくても多すぎても植物は育ちません。そのため、植物の成長を助ける成分が、必要な量だけ土に含まれているかを採取して分析を行うことで、栽培に適している土地かを確認します。また、使っている肥料に有害物質が入っていないか、成分と含有量を調べることで、作物が安全であるかどうかを確認しているのです。

分析項目はpHやEC、窒素、リン、カルシウム、カリウム、マグネシウムなど土壌の成分や含有量を計る化学性分析、土壌の硬さ、保水性など土の物性を測る物理性分析、また土壌中に生息している微生物の種類と数を調べる生物性分析があります。化学性診断では原子吸光度や吸光度計を使用して金属の種類を調べてその量を計量するため、装置にかけられるように送られてきた土や肥料について前処理を行い、それぞれの物質について計測しているようです。

土の生物性は乾燥する前後の重量を測定することで、含水量を調べて植物が成長するために必要な土地であるかを確認できます。生物性診断については、作物に害を与える菌の種類や数についてリアルタイムPCRで菌のDNA量を計量することで結果を出しているのです。

 

土壌分析についてどのような項目があるのかを知っておくと、作物を栽培するときや土地の売買を行う場合、その土地が安全であるかどうかを確認するためには何について調査を行えばよいのかわかります。また土壌分析は土地を使う方が自主的に行いますが、行政から指示を受けてする場合もあるので、分析の目的と内容を理解して準備をしておくことが必要です。

土壌分析会社おすすめ5選!

イメージ
会社名土壌分析.comクリタ分析センタークレアテラネットワークJA全農ジャパンバイオファーム
おすすめポイント低コストでスピーディーに有害物質・埋蔵物分析を実施さまざまな機関と提携し多彩な分析業務に対応可能多種多様な土壌分析に対応している!支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心有機栽培に適した体積法による正確な分析が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索