土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

コストを抑えて土壌分析の依頼したいときのコツ

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/27

建設用地で汚染物質の有無を調査したい場合や、耕地で肥料設計をしたり病虫害を対処したりする際に土壌分析を依頼する必要があります。分析のために支払う費用は、調査項目やサービス内容によって違いがあります。コストを抑えて少ない費用で土壌分析を依頼したい場合は、いくつかのコツを知っておくと役立ちます。

安い料金で分析サービスを提供している会社を探すコツ

日本には多くの分析会社があり、土壌・水質・大気などの分析サービスを提供しています。土壌分析を実施する会社はたくさんあり、地域によっては会社同士で競合をしているケースも珍しくありません。質の高い分析を依頼するためにはある程度の費用を負担しなければなりませんが、分析会社の中には無駄なコストをカットすることで他社よりも安い料金で分析サービスが提供されている場合があります。

このような会社を見つけて依頼をすることで、土壌分析のためのコストを抑えることができます。他社よりも安い料金で分析を実施している会社を見つけるためのひとつの方法は、複数の業者で相見積もりを取って比較をすることです。条件を提示して相見積もりを提出してもらえば、安くてお得な会社を簡単に見つけることができるでしょう。

複数の会社に相見積もりを依頼すると、中にはライバル他社の存在を意識して値引きに応じてもらえることができる場合も少なくありません。相見積もりは単に料金が安い会社を探すだけでなく、値引きをしてもらうためにも役立ちます。

最近はインターネットで見積もりを依頼できる分析会社が増えていますし、ポータルサイトを通して一括で見積もりを出してもらうという方法もあります。インターネットを利用すれば簡単に相見積もりができるので、土壌分析のコストを抑えたい方におすすめです。

不必要なサービスを省くことでコストを抑える方法とは

土壌分析を依頼する場合は、複数の項目を調査して結果を受け取ることになります。一般的に分析会社に調査を依頼すると、分析を行う項目の数によって料金が決められるケースがほとんどです。多くの項目を調べてもらうと、それだけ余分の費用がかかってしまいます。逆に知りたい項目を絞って分析を依頼すると、少ない費用で済むでしょう。

目的ごとに土壌分析で調査をすべき内容や種類が異なるので、本当に必要な項目だけを依頼することでコストを抑えることができます。分析会社の中にはオプションなしの標準的な調査でも多くの項目が含まれていることがあり、余分なコストがかかる原因になってしまうので注意が必要です。

土壌分析を依頼する際に不要な項目が含まれているようであれば、分析を外して値段を下げてもらうように交渉をできるかもしれません。別の方法として、調査項目が少ないプランを選択して、必要であればオプションを追加するという方法でも費用を抑えることができるでしょう。

会社の中には、土壌分析に付随する付加的なサービスを提供しているケースがあります。たとえば、専門的な知識を持たない人向けにコンサルティングサービスが含まれているプランが存在します。自分で分析結果の数値を見て判断をできる方であれば、付加的なサービスを含まない会社・プランを選択することでもコストを抑えることができるでしょう。

土壌分析費用を節約する以外の方法でコストを抑えるコツとは

土壌分析のための費用そのものを節約する方法に加えて、コストを抑える方法が存在します。それは農協・地方自治体・国などの補助金制度を活用することです。農家では水田や耕作地で肥料設計を行う目的で定期的に土壌分析を依頼する必要があり、大きな負担になってしまいます。

このため、農家向けに土壌・水質分析のための費用の一部を助成するための事業が実施される場合があります。補助金は条件を満たせば国や自治体などからもらえるお金で、農業分野でも多くの助成事業が実施されています。補助金の給付を申請して活用できれば、土壌分析のためのコストを抑えることができるでしょう。

国や地方自治体の補助金を活用する場合は、最初に行政機関の公式サイトなどを調べて助成事業を探すようにします。条件を満たすことができそうな助成事業を見つけたら、必要書類や応募方法を確認しましょう。必要であれば、電話やメールなどで事業内容の詳細を確認できます。

自分で書類を作成して応募することもできますが、農業関連の助成事業を専門とする地元の行政書士に書類の作成や申請を依頼する方法もあります。国や自治体では農家向けに多くの助成事業を実施していますが、積極的に宣伝が行われている訳ではないので活用している人は少数派です。補助金を申請するためには自分で事業を見つける必要がありますが、給付できればかなりお得です。補助金をもらうための書類作成や手続きが手間ですが、試す価値はあるでしょう。

 

土壌分析を依頼する場合は高額な費用を負担しなければなりませんが、いくつかのコツを知っておくことでコストを抑えることが可能です。最近はインターネットのポータルサイトを利用すれば無料で複数の会社に相見積もりの作成を依頼できるので、分析費用を抑えたい方は試してみるとよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索