土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

土壌分析で検査できる物質の種類

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/06

土壌分析を実施すると、その土の中に含まれているさまざまな物質について調べることができます。農業に使用する土地や売りたい土地、行政命令があった場合などにこの検査を利用することが多くあります。具体的にどのような種類の物質を検査できるのか知っておくと、目的に合った分析をスムーズに行うことができるでしょう。

さまざまな有害物質の有無を検査できる

土壌分析では、あらゆる有害物質を調べることができます。土壌汚染対策法で指定されている特定有害物質が主なものであり、30種類以上のものが対象となっており、四塩化炭素やジクロロメタン、テトラクロロエチレンやベンゼンをはじめとするさまざまなものが該当します。化合物も該当し、これにはカドミウムやシアン、水銀やセレン、ヒ素やフッ素を含むものなどが該当することを知っておきましょう。

多くの人にあまり馴染みがないものでは、シマジンやチウラム、チオベンカルブなどを挙げることができます。これ以外にもたくさんの物質が当てはまり、検査を行うことでこれらが含まれていないかどうか判断してもらうことができますし、含まれている場合はどのくらいの量であるか調べることが可能です。こういったものは人体や環境に悪い影響を及ぼすものが多く、基準値を上回る数値が検出されたのであれば土壌改善を行う必要が出てきます。

所有している土地で作物を作りたい場合や誰かに売りたい場合は、自主的にこれらの数値を調べておいたほうがよいです。有害な成分が検出されるとトラブルになる可能性があるので、行政命令がなかったとしてもこれらが含まれていないかどうかを調べる人が多くあります。多くの土壌分析サービスで調べられるものなので、土地を利用する前にはこれらについてしっかりと調べておくべきでしょう。

肥料検査の場合は有害物質以外も検査可能

土壌分析は、土壌汚染対策法で指定される有害なものが含まれるかどうかを調べるだけのものではありません。農業を目的としている場合は、肥料検査と呼ばれる土壌分析を行うことが多くあります。この場合に分析される項目は有害なものを調べる場合と大きく違っており、石灰や交換性苦土、交換性カリなどの成分を調べることができます。

もちろん、銅のように有害なものの検査と重複する部分もあるのですが、有害物質検査では調べられないものまで分析されることを知っておくとよいでしょう。効率よく農作物を作ったり、質のよい農作物を作ったりするためには、有害なものが含まれない土だと知るだけでは不充分だといえます。農業にとってよい成分を含んだ土壌であるかどうかを知ることが重要なので、土壌汚染対策法で指定されていないようなものまで検査できるというわけです。

同時に水耕培養液の検査も行えるケースが多く、この場合はアンモニア態窒素や硝酸態窒素、カルシウムやマグネシウムを含むさまざまなものが検査されます。土壌分析は悪いものを調べるためだけに行うわけではありません。農作物に対してよい影響を与える成分がバランスよく含まれているかどうかも調べることができるので、悪いものばかりを調べているわけではないという理解が大切です。どちらも知りたい場合は有害物質の分析と肥料検査の両方が必要になることもあります。

選ぶサービスで検査できる物質が違っている

どのサービスを利用しても同じような成分を分析できるものだと感じるかもしれませんが、どこでも同じ物質を検査してもらえるわけではありません。土壌分析サービスにはさまざまな種類のものがありますが、選ぶサービスによって実際に検査してもらうことができるものは違っています。そのため、内容をしっかりと確認してから依頼しなければ、自分が調べたいものについて検査してもらうことができない可能性があります。

有害な物質を調べる必要があるのに肥料の検査を利用するようなことがあると、求める結果を得ることができませんし、逆もまた然りです。土壌分析サービスの公式ホームページを参考にすれば検査できる項目が記されていることが多くありますし、不明である場合は問い合わせから確認することが可能です。きちんと確かめないまま利用してしまうと、知りたい情報を知ることができないので注意が必要です。

土壌分析を行う目的は一つだけではないので、利用者によって求める検査項目は大きく異なっているはずです。必要な分析を行うためには、事前にどのような物質を検査してもらうことができるのか理解を深め、サービス選びを間違えないようにすることが大切だといえます。土壌分析の対象になっているものは数多くあるので、まずはこれらについての正しい知識を持つことからはじめるようにするとよいでしょう。

 

土壌分析サービスを利用すると、その土に含まれるさまざまな物質について検査を行うことができます。あらゆるものを詳しく調べることができますが、選んだサービスによって分析できる物質は違うと知った上で利用することが大切です。

土壌分析会社おすすめ5選!

イメージ
会社名土壌分析.comクリタ分析センタークレアテラネットワークJA全農ジャパンバイオファーム
おすすめポイント低コストでスピーディーに有害物質・埋蔵物分析を実施さまざまな機関と提携し多彩な分析業務に対応可能多種多様な土壌分析に対応している!支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心有機栽培に適した体積法による正確な分析が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索