土壌調査は適切な分析会社へ依頼を!おすすめの土壌分析会社を厳選して紹介しています。

JA全農の画像1

おすすめポイント支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心
名称 全国農業協同組合連合会
所在地 本所:東京都
設立 1972年(昭和47年)3月30日
事業内容 生産資材・生活用品の供給と共同利用施設の設置
農畜産物の運搬・加工・貯蔵または販売
農業技術・農業経営向上のための教育
連合農業倉庫の経営
家畜市場の設置
畜産生産基盤ならびに畜産ブランド維持のため農業経営
運送事業
建築設計および工事監理
海外の農協組織と提携した農業の開発協力

JA全農(全国農業協同組合連合会)は、助け合いの精神をもとに日本の農畜産物の生産者の支援をはじめ、地域経済の振興、環境保全などさまざまな活動・経済事業をおこなう組織です。土壌分析の分野では、土壌分析調査をおこなうほか施肥設計に役立つツールの開発や提供をおこなっています

全国にサービスを展開しているのがJA全農の強みで、どの都道府県でも安定品質の調査ができます。

採取した土壌サンプルは、専用の土壌分析センターで細かく迅速に調べることが可能。土壌のほかに、たい肥と水耕培養液(原水)の調査を依頼することができます。

JA全農の画像

JA全農

支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心

公式サイトで詳細を見る

JA全農の特徴

JA全農の画像

JA全農のサービス

作物を正常に育てるためには、土壌に含まれる養分の状態をバランスよく、適切に保つ必要があります。そこで全農では、土壌分析の結果に基づいた適切な施肥を推進し、農作物の収穫量の安定化、施肥コストの低下のための取り組みをおこなっています。

現在(2020年7月時点)、スマホで土壌分析できるツールや施肥設計支援ツールを開発するなど、全農オリジナルのサービスを展開中です。

JA全農の土壌分析について

土壌の分析料金は8,900円(税抜)です。全農では土壌以外にもたい肥と水耕培養液(原水)についても調べることができます。その場合、たい肥の調査料金は1万円(税抜)、水耕培養液(原水)の調査料金は9,000円(税抜)となります。

分析結果が出るまで通常は2週間程度。詳しい結果は分析証明書が発行されます。

また分析証明書とともに、分析結果に基づいて作られた処方箋も送付されるので、証明書とあわせて確認してみると良いでしょう。

JA全農の画像

JA全農

支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心

公式サイトで詳細を見る

土壌分析・施肥設計に役立つ支援ツールも開発している

JA全農の画像

全農は土壌分析支援ツールや、土壌分析をもとに適切な施肥設計を支援するツールを開発しています。

土壌分析支援「スマートみどりくん」・「Pico」

2020年6月下旬に全農が新しく販売開始したのが、「スマートみどりくん」と「Pico」を組み合わせた土壌分析ツール。専用の試験紙「スマートみどりくん」と、小型簡易測色ツール「Pico」、そしてスマートフォンを使って手軽さと正確さの両立に成功しました。

使い方はいたってシンプル!まず、分析したい土壌サンプル(5㏄)を水と一緒にプラスチック容器に入れて振り、その中にスマートみどりくんを浸します。スマートみどりくんを測色ツール「Pico」にセットすると、専用のスマホアプリ(無料)に測定結果がBluetoothで送られ、画面表示されるという仕組みです。

pH、硝酸態窒素、水溶性カリなどの測定項目は、分析濃度別に色が設定されており、アプリに登録されています。これによりたったスマホ1台で、これまで目視で判定していた微妙な色の違いをわずか1秒足らずで数値化し、判別することができるのです。

分析後のデータはスマホに保存されるため、いつでも分析結果を確認できるのもうれしいですね。「スマートみどりくん」と「Pico」は全国のJAで購入できます。

処方箋作成システム「診作くんマイスター2」

「診作くんマイスター2」は土壌分析の結果に基づいて、的確な土づくりを支援する最新型の処方箋システムです。従来型の「診作くんマイスター」から、より機能がパワーアップしています。

従来型にもともと搭載されていた土壌分析と施肥設計機能に加え、土づくり肥料および基肥肥料の価格を登録すると、どのくらいの施肥コストが必要なのか計算することができます

また、施肥来歴を自動作成するので、特定の生産者がこれまでどういう肥料を使用してきたのか、簡単に施肥傾向を知ることもできます。さらに分析値の表示・非表示を選択できるなど処方箋もより見やすくなっています。

施肥改善支援システム「施肥名人」

施肥名人とは、地温や気温のデータをもとに、たい肥・土壌の窒素の発現量をシミュレーションするソフトです。

窒素の肥効を予測することで、作物の成長に合わせて肥料の組み合わせが理解できたり、追肥の要否を判断しやすくなるなどのメリットがあります。これさえあれば無駄なく肥料の管理ができそうですね。

全農型土壌分析器「ZAパーソナル」

土壌分析に必要なツールが全て揃っている商品。コンパクトにまとまっているので、持ち運びに便利です。

その場で道具を広げてすぐにpH、EC、硝酸態窒素(NO3-N)などの分析を始めることができます。試薬やケイ酸分析器具セット、たい肥分析器具セットなどのオプションを利用すれば、たい肥分析や水耕培養液の分析も可能です。

全国9か所に分析センターを構えている

JA全農の画像

やはり全国にサービスを提供しているだけあって、規模の広さや対応スピードも全農の強みの一つと言えるでしょう。2020年7月時点で、全農は全国9か所(岩手・群馬・千葉・神奈川・石川・三重・滋賀・広島・福岡)に広域土壌分析センターを構えています。

これらの施設は2008年に起こった肥料価格高騰を受け、施肥コストの低減対策の一つとして2009年に設置されたものです。それ以来「近くに土壌分析をおこなう施設がない」、「現行の分析能力以上の数の依頼がある」など、土壌分析に関して困ったことがあれば、受け皿となって解決に導いています。

センター内には、高速土壌養分自動分析装置のほか全自動汎用抽出ろ過装置など、高精度の最新機器が揃っています。そのため1センターあたり年間約1万件もの分析に対応可能です。

また、どのセンターも同じ分析機器と手法を利用して分析をおこなっているため、一つのセンターに依頼が集中したときもほかのセンターが代わりに対応することが可能。全農独自の分析ネットワークによって、いつでもどこでもスピーディーに土壌分析の依頼ができます

お近くのJA、分析センターに問い合わせてみよう

JA全農は肥料分析を専門に、土壌分析サービスを提供しています。オリジナルの土壌分析専用ツールの開発・販売にも注力しており、新たなツールの活用をとおして効率のいい土づくりを支援しています。

全国9か所に、最新設備を整えた分析センターを設けており、スピーディーに調査をおこなうことが可能です。

全農で土壌分析を依頼したい一般の方は、まずJA全農全国土壌分析センターに、組合員の方は最寄りのJAへお問い合わせください。

JA全農の画像

JA全農

支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心

公式サイトで詳細を見る

土壌分析会社おすすめ5選!

イメージ
会社名土壌分析.comクリタ分析センタークレアテラネットワークJA全農ジャパンバイオファーム
おすすめポイント低コストでスピーディーに有害物質・埋蔵物分析を実施さまざまな機関と提携し多彩な分析業務に対応可能多種多様な土壌分析に対応している!支援ツールも充実!全国の分析ネットワークがあり安心有機栽培に適した体積法による正確な分析が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく